第24回 ランチトーク H24.2.25(土)
ゲスト  : 駄菓子屋カフェ店主 池田庭子さん
タイトル : 「私が駄菓子屋カフェを始めたワケ」


池田さんは昨年、鷹匠に“世代を超えた居場所づくり”を目指して駄菓子屋カフェを開店されました。お店には駄菓子の他に池田さん手作りのお弁当や火鉢に土鍋で炊いたおでんもあります。














当日はそのお弁当を参加者でいただくところから始まりました。素材から調味料にいたるまでこだわって厳選されている説明を聞き、おはしを持つ手を止めてメモをとっている方もいました。


































丸くなって井戸端会議

ゲストの池田庭子さん


駄菓子屋カフェのお弁当


お弁当を開いてお食事タイム





その後はテーブルを離れて椅子を移動させて丸くなり、お店から持って来てもらった駄菓子をそれぞれ手に取って井戸端会議となりました。


20代の現役大学生から孫を連れて行きたい、という、70歳の方まで幅広い年齢層と、お花屋さんから結婚相談所、市職員までというさまざまな職種と、たまたま来たという人から池田さんに会いたくて、といういろいろな参加動機がある中で、話は盛り上がり、定刻になっても終われないほどでした。帰りに駄菓子屋カフェに寄った方もいたそうです。


池田さんが一番大事にされているという“つながり”“きずな”がすでに参加者に芽生えたと思えました。
交流の場づくりのための駄菓子屋カフェがそのままランチトークになったような2時間でした。