2014年2月22日

hp_title2.gif

第46回 ランチトーク H26.2.22(土)
ゲスト:宇田哲也さん(静岡県学生ボランティア団体うちっち)
タイトル:「学生たちのボランティア」~災害時にうちっち(私たち)にできること~

IMGP0649.JPG

今回のランチトークは東日本大震災がきっかけで結成された
静岡県学生ボランティア団体「うちっち」代表の宇田哲也さんをお招きしました。
災害時に学生・若者の力を発揮させるために平時からボランティアの依頼を受け、
社会と学生の仲介役として、学生に1歩踏み出すきっかけをうちっちは情報を発信しています。

IMGP0660.JPG IMGP0658.JPG

被災地での活動だけでなく、復興支援のバザーや静岡に避難している方との交流をなど、学生の持つ
行動力を最大に生かしたボランティア活動や、災害時に学生の力を発揮するために平時からの「人」と「人」とのつながりを大切に日々活動に取り組んでいます。
また災害時に避難所で、障害の方・妊婦の方・子供のお世話などの対応を違った形で日頃のボランティアで学び、災害時にその経験を生かしていけるようにしています。
そんなうちっちの活動を聞きながら参加者の方との会話が弾み、
宇田さんの「思うこと、行くことだけでなく、その後に何をするのかが重要だ」という言葉が印象的でした。

かわらばん.jpgIMGP0663.JPG

最後に、もうすぐ東日本大震災から3年が経過するにあたって改めて震災のことについて考える時間にしました。
「まだまだやれることがあるので何か活動を始めていきたい」という意見があり、
うちっちでは3月11日にキャンドルナイトを企画しているので、一歩踏み出すきっかけを広めることができました。
東北の被災地では、いまだ震災当時のままの地域もあれば、これからスタート地点に立って新しく始めていく地域がある中で、これからも多くの方のご協力を必要だとお願いました。

【本日のランチ】
静岡市葵区八千代町にある『たんぽぽ』さん
日替わり手作り弁当でした!!