2012年10月20日

hp_title2.gif

開館3周年協働企画イベント
「グローイングアップ ワークショップ」

静岡NPO勉強会は、静岡市番町市民活動センターの呼びかけでできた任意サークルです。NPOの現状を認識するとともに今後のあるべき姿を話し合うため、2011年9月より毎月1回、テキストの読み合わせと意見交換を行ってきました。
これまでの1年間で学んできたことを中間報告し、さらに多くの仲間を増やそうということで、今回のワークショップを開催しました。

IMGP5674.JPG原代表の説明に耳を傾ける参加者たち

IMGP5671.JPG前半では、これまでの勉強会の議論を紹介しました

参加者は、自らNPOの運営に携わっている人など19名。
前半は、静岡NPO勉強会代表の原隆一さんから、テキストの概要とこれまでの勉強会での議論についての報告を聞きました。

DSCN0067.JPGワークショップで課題と取組を整理

DSCN0055.JPG日頃の悩みも打ち明けながら、じっくり議論

後半はいよいよワークショップ。
現在、NPOを取り囲む問題に「行政の下請け化の防止」と「市民としての代表性の確保」があります。
前者には制度を検討することが、そして後者にはNPOがセクターとしてまとまることが必要であり、つまり、“ネットワーク組織”が求められることになります。
そこで、「ネットワーク組織を作り上げるために、なすべきことは?」というテーマでグループごとに話し合いました。

DSCN0071.JPGグループごとのまとめを発表

DSCN0083.JPG説明にも熱がこもります!

各グループからは、「ハードルの低い連携・協力が必要」「ネットワークの緩慢さと緊密さの使い分けを」「目的と方向性の共有・明確化・具体化」などの意見が上がりました。
参加者たちは、自分の団体の活動や運営にも参考になる情報を得られたようで、各グループの発表に真剣に聞き入っていました。

IMGP5706.JPG木村幸男さんは参考になる書籍も教えてくれました

DSCN0091.JPG参加者一同で記念写真

最後に静岡NPO勉強会のメンバーである木村幸男さんから、ネットワーク化の前段階として「まずNPO側が質を上げていくこと」というエールをいただきました。

(以上)