2012年10月14日

hp_title2.gif

開館3周年協働企画イベント
「子育て・環境フェスタ」


10月で番町市民活動センターがオープンより3周年を迎えました。それを記念して、10月は3周年月間。いつもセンターを利用される団体のみなさんと協働企画を開催しました。
この日は、子育て・環境分野で活躍する4団体が集まり、親子を対象とした「子育て・環境フェスタ」です。

参加団体のみなさんで記念撮影!
⑫参加団体のみなさんで記念撮影!.JPG

参加団体は、写真左から
・地球温暖化防止、環境保全を目指し、エネルギー分野での貢献を目的に活動される「NPO法人グリーンエネルギーしずおか」の青木茂さん。
・社会と調和したヒューマン・ケアの発展を促し、健康・福祉を増進するために活動する「NPO法人ヒューマン・ケア支援機構」の佐竹幸子さん。
・マタニティー、妊娠期からの子育て支援を行う「一般社団法人子ども教育環境推進機構ドリームキッズ」(以下、ドリームキッズ)の山田貴子さんと長女のはるちゃん。
・市民生活・地域の暮らし・子育てなどの課題について学びあい、発信、行動する「うぃ・ねっと」の是永倫さん。
それぞれのみなさんが団体の活動紹介と特徴を生かした体験やお話をしてくださいました。

 まずは、ドリームキッズの山田さんからコミュニケーションについての簡単なお話があり、親子で楽しみながらできる英語の歌と手話で自己紹介を教えてくれました。
山田さんと長女のはるちゃんが歌いながら、参加者のみなさんの名前を聞き、名前の頭文字の手話をします。参加者のみなさんも口ずさみながら、手を動かし、いくつかの手話を覚えられたようです。

みんなで手話を覚えよう

⑦みんなで手話を覚えよう.JPG

一人ずつ名前を聞きながら、
名前の頭文字の手話
⑧一人ずつ名前を聞きながら、名前の頭文字の手話を.JPG

 2番目はうぃ・ねっとの是永さんが、チラシやいらなくなったプリントを使っての折り紙です。是永さんの実演のもと、親子や家族で教え合いながら、みなさん熱中していくつもつくられる方も。チラシを使ったワンちゃんのごみ箱もつくり、この日食べたお菓子のごみもきれいにお片づけしてくれました。

みんなで楽しく折り紙

①みんなで楽しく折り紙 .JPG

出来るかな?みんなで教え合い、ワンちゃんのごみ箱づくり

②出来るかな?みんなで教え合い、ワンちゃんのごみ箱づくり.JPG

チラシを使った折り紙実演中の是永さん

③チラシを使った折り紙実演中の是永さん.JPG

ワンちゃんのごみ箱完成!!

④ワンちゃんのごみ箱完成!!.JPG

 次にグリーンエネルギーしずおかの青木さんです。青木さんからは自然エネルギーを活用した発電についてのお話がありました。こちらは、子どもたちには少し難しく、保護者のみなさんが興味津々のようでした。しかし、実際に自転車をこいで発電し、扇風機を回す実験では、子どもたちから手があがり、自分の力で電力を起こす大変さを感じたようです。

自然エネルギーについて解説を行う青木さん
⑤自然エネルギーについて解説を行う青木さん.JPG

自転車発電にチャレンジ!扇風機がまわった!!
⑥自転車発電にチャレンジ!扇風機がまわった!!.JPG

 最後はヒューマン・ケア支援機構の佐竹さんです。団体の活動紹介の後、いつも県立こども病院でやっているエプロンシアターやパネルシアターの実演です。子どもたちは佐竹さんの問いかけに、声をそろえて答えたり、歌ったり、保護者のみなさんは笑顔で見守っていました。
 そして、最後には佐竹さんの手づくりの「となりのトトロ」の“ネコバス”が登場!子どもたちも保護者も大喜びで、ネコバスに乗ったり(3歳未満限定)、写真撮影したりと楽しい時間となりました。

みんな集合!佐竹さんによるパネルシアター

⑨みんな集合!佐竹さんによるパネルシアター.JPG

子どもも大人も笑顔で夢中のエプロンシアター

⑩子どもも大人も笑顔で夢中のエプロンシアター.jpg

佐竹さん手づくりのネコバスとの記念撮影

⑪佐竹さん手づくりのネコバスとの記念撮影.JPG

参加者は定員の30人を超し、アンケートでは「日頃からエコなどに関心を持ち、子育てや生活に楽しく取り入れたい。」「温かい雰囲気の中、楽しくみんなですごせました。」「無理のないプログラムでゆったりできた。」など感想をいただきました。