2010年1月23日_new

hp_title2.gif

第2回 ランチトーク H22.1.23(土)
ゲスト  : 熱海温泉玉手箱(通称:オンたま)に取り組まれている 市来 広一郎さん
タイトル : 熱海の魅力を満喫する体験交流型プログラム
       知っているようで知らない熱海の魅力を発見する試み

市民活動の達人が提供する話題をもとに、ランチをご一緒しながら語り合おうというこの企画。今回のゲストは熱海で活躍中のNPO法人atamista代表、市来(いちき)広一郎さんでした。市来さんの立ち上げた観光プログラム「熱海温泉玉手箱(オンたま)」は、地元の文化や自然を活かした地域活性化の方法として注目されています。
会場にはなんと10代から90代まで幅広い年齢の、元気なまちづくりを目指す参加者の方が集まりました。

画像1.jpg今回のゲスト市来さん熱海生まれ、熱海育ちの市来さん。大学、就職で東京に出たものの、やはり地元が好きで熱海に戻ってきたのだそうです。しかし「熱海には何もない」という住民が意外にも多くいることを知り、それならばと外部からの観光客を対象にするよりも、まず地元の人に熱海の魅力を再認識してもらうための新たな観光プログラムをつくることにしました。それが「オンたま」です。



画像2.jpgオンたまのパンフレット昨年秋の「オンたま」では53もの企画が開催されました。熱海の文化や自然を活かしたプログラムは、ピザ焼きから芸妓さんのお稽古体験までバラエティーに富んでおり、中には綺麗な農園の中で何もせずのんびり過ごすだけ、というプログラムがあるなど、その内容はとても独創的です。

そしてそうした企画の案内人や主催者は、これまた商店や農家といった地元の人々です。
仲間同士のつながりから面白そうな活動をしている人の情報を得て実際に会い、その人が何をやりたいかを重視して企画として色付けしていく…「オンたま」の企画の進め方を市来さんはそう話してくれました。



もちろん始めから順調だったのではなく、一からつくりあげるのには相当苦労したそうです。今でもまったく心配がないわけではなく、参加申込み0の企画もあり、その状況を見て怖くなったこともあるのだとか。そういう苦労話があるからこそ今の市来さんがあるのですね。

画像3.jpg楽しくトークは進みました「地元の人間がその土地の魅力を一番知っていてほしい」「企画の段階から地元の人々が中心になって取り組む」「宣伝はまず口コミから」といった「オンたま」の理念やノウハウ、失敗談まで市来さんと語り合いながら、参加者の皆さんも地域を盛り上げるためのヒントを得た様子でした。
また松山センター長からの「NPOセンターに求めるものは何か?」という質問には、「やはり人です。新しい出会いがあって活動が広がる場所であってほしい」と市来さん。当センターの目指すべき目標の一つを示してくれました。

次回のランチトークは3月。また違ったゲストをお招きして開催する予定ですのでご期待下さい。

市来さんの立ち上げた
「熱海温泉玉手箱」ホームページはこちら↓

logo.gif