2009年12月20日_new

hp_title2.gif

第1回 ランチトーク H21.12.20(日)
ゲスト  : 富士宮焼きそば学会の「焼きそばGメン」 長橋 孝行さん

平成21年12月20日、2階オープンスペースを会場にした、第一回「ランチトーク」が開催されました。
「ランチトーク」は、ランチを皆で一緒に取りながらゲストのお話を聞いたり、皆で話し合ったりする気軽な場です。お話の内容は市民活動に関することで、毎月一回開かれます。12月のゲストは「富士宮やきそば学会」の長橋孝行さんでした。富士宮やきそばで町おこしを実践された方で、「いかに情報を発信するか」ということを中心にお話いただきました。

nagahasi_2.jpg今回のゲスト、「焼きそばG麺」の長橋孝行さん

lunch_talk.jpg食事(ランチ)をしながら、楽しくトーク
◆話題は創りだすもの
富士宮の焼きそばは60年前からあったそうですが、今のように有名になったのはどうしてなのでしょうか?「その焼きそばを食べてみたい。」と思ってもらうためには、多くの人の話題にあがらせなければなりません。つまり、多くの人に周知するコツが必要だということです。「富士宮やきそば学会」や「やきそばGメン」など、話題になるような「言葉」を利用したのも一つの方法でした。そのようにして、ついにはメディアの目をひいて、広く知れ渡るようになりました。もちろんその根底には、市民の中に自分たちの知恵とアイディアで活路を探していこうという力強さがあったようです。参加者の中からは、身近にあるさりげない物事に価値をつけることの大切さの話や、行政からではなく市民から発想して広げていく大切さについての話など、それぞれの市民活動に対する思いや希望などを語っていただきました。